解決事例

弁護士に委任して交渉をした結果,離婚・養育費・財産分与・年金分割を内容とする合意が成立し,その旨の公正証書を作成した事案

  • 依頼者氏名(仮名):
  • 家族構成:

【事案・事例】

依頼者様(妻)が,夫との離婚,子供の親権者に依頼者様がなることなどを希望されて弁護士と相談されました。

依頼者様の委任を受け弁護士が依頼者様の代理人となり,離婚すること・親権者は依頼者様とすること・夫が養育費を支払うこと・相当額の財産分与をすること・年金分割(離婚した際,婚姻期間中の年金を分割してそれぞれ自分の年金にする制度)をすることを求めて夫に対して通知を送り,交渉を始めました。

【解決】

弁護士を通じて夫と交渉を続けた結果,依頼者様の希望にそう内容の合意ができました。また,夫が養育費や財産分与の支払いをしない場合に備え,養育費や財産分与の支払いが遅れた場合は強制執行ができる旨の公正証書(強制執行認諾文言付の公正証書)を作成することができました。

【弁護士の視点・コメント】

本件のように調停・裁判の前段階でも弁護士に依頼し,離婚や養育費・財産分与などの支払いを求めて交渉し,合意を成立させることが可能です。調停・裁判になる前に相手と交渉することで,調停や裁判になる前に合意が成立し,無用な時間・労力・費用などをかけずに問題を解決することもできます。

また,相手が約束したとおりに支払いをしない場合に備え,本件のように強制執行認諾文言付の公正証書を作成することもできます。

仮に強制執行認諾文言付の公正証書に記載した内容の支払いを相手がしない場合,弁護士に相談し,相手の財産に対する強制執行を検討することになります。

pagetop