解決事例

婚姻中の女性と交際したことにつき女性の夫から慰謝料を請求された事例

  • 依頼者氏名(仮名):
  • 家族構成:

【事案・事例】

依頼者は,夫がいる女性と交際しましたが,女性の夫が弁護士に依頼し,弁護士が夫の代理人として依頼者に対して慰謝料の支払いを求める旨の通知を送ってきました。

【解決】

依頼者の委任を受けて,相手方(夫)の代理人弁護士と弁護士間で話し合いがなされました。その交渉の結果,当初の相手方(夫)の主張する請求金額よりも減額した内容の和解を成立させることができました。

【弁護士の視点・コメント】

本件に限らず,相手方から慰謝料の支払いを求めるなどの請求を受けた場合,ご本人で対応することは,時間・労力の負担があるだけでなく,緊張を強いられ,心理的負担は大きいものがあります。

弁護士に相談・依頼し,弁護士を窓口に相手方と交渉することによって,このような心理的負担を軽減するとともに,専門家の判断を踏まえながら和解交渉をすることが可能となります。

pagetop