解決事例

養育費を支払わなくなった父親への請求事例

  • 依頼者氏名(仮名):
  • 家族構成:

【事案・事例】

依頼者(女性)は相手方と交際し,相手方の子供を身ごもりました。相手方は認知をした上,依頼者が子供を出産した後は養育費を払ってくれていました。

しかし,数年後,相手方(父親)は養育費を払わなくなり,依頼者が養育費を支払うように求めても応じなくなってしまいました。

【解決】

依頼者(女性)からの委任を受け,家庭裁判所に養育費の支払いを求める旨の調停を申し立てました。

調停での話し合いの結果,子供が満20歳に達するまでの間,相手方(父親)が養育費を指定された銀行口座に振込む方法で支払うという内容の調停を成立させることができました。

【弁護士の視点・コメント】

養育費の話合いに応じてくれない,養育費を払ってくれると約束したのに約束した養育費を払ってくれない,などのトラブルが生じる場合があります。

このような場合には調停前に弁護士を通じて養育費の支払いについて協議・合意をする方法や家庭裁判所への調停の申立・調停成立する方法(調停不成立の場合は審判手続きになります)が考えられます。いずれにしても,弁護士に相談し,適切な方法を検討することが重要とみられます。

pagetop